その中でも、ロレックスは常に主導的地位にあります。

今日は、技術的な問題についてお話したいと思います。ひげぜんまいは機械式時計の最も重要な部品の1つであり、時計の移動時間に大きな影響を与えます。古くから、主要な時計メーカーとブランドはすべて、ヒゲゼンマイの性能を継続的に研究および改善してきました。その中でも、ロレックスは常に主導的地位にあります。

ロレックスパラクロムブルーシルクは、時計の中で最高のパフォーマンスを誇るスプリングの1つです。

       ひげぜんまいは、本質的に非常に細いばねです。弾力性のあるヒゲゼンマイを出し入れして、はずみ車を前後に動かします。したがって、ひげぜんまいの性能は、時計が正確かどうかに直接影響します。底面のある時計を持っている場合、ひげぜんまいは非常に薄く、直径は髪の直径に似ていることがわかります。ヒゲゼンマイが薄すぎるため、最大の技術的問題は、ヒゲゼンマイが外界に非常に敏感であることです。ヒゲゼンマイの通常の動作に影響を与えるいくつかの主要な要因、すなわち温度、磁場、衝撃、振動などがあります。

       ロレックスは2000年に初めてParachromヘアスプリングを発売しました。これは基本的にヘアスプリングのすべての技術的問題を解消し、外部の「干渉」を効果的に「防御」しました。その理由は、ロレックスパラクロムヘアスプリングがイットリウムジルコニウム合金で作られているためです。セリウム-ジルコニウム合金のひげぜんまいは青色を呈するため、一般的に青いトンボのひげぜんまいとしても知られています。

       ヒゲゼンマイの技術的内容は非常に高く、ヒゲゼンマイを単独で製造できるブランドはほとんどなく、市場に出回っている時計のほとんどは、スウォッチグループの子会社であるニバロックスファーが提供するニバロックスヒゲゼンマイを使用しています。ニバロックスのヒゲゼンマイは、クロムとコバルトを添加した鉄ニッケル合金ヒゲゼンマイです。ニバロックスのヘアスプリングも優れた性能を発揮します。

       ここで、ロレックスのパラクロムヒゲゼンマイはセリウム-ジルコニウムヒゲゼンマイであり、ニバロックスヒゲゼンマイは鉄-ニッケル合金ヒゲゼンマイであることがわかります。ロレックスは、ニバロックスのヒゲゼンマイに含まれる鉄を避けるためにジルコニア合金を使用しましたが、ロレックスのパラクロムヒゲゼンマイには鉄が含まれていません。ニバロックスのヒゲゼンマイにはある種の抗磁気能力がありますが、ニバロックスのヒゲゼンマイに含まれる微量の鉄は、ヒゲゼンマイに磁気ストレスを与えます。ヒゲゼンマイに鉄が含まれている限り、磁化される可能性があります。完全に鉄を含まないロレックスパラクロムヘアスプリングは、磁場の影響を排除します。

       ロレックスの関係者は、パラクロムブルーシルクは磁場の影響を受けず、温度変化に敏感ではなく、耐震性は従来のひげゼンマイの10倍であると述べました。現在、1日あたり-2〜+2の誤差基準であるロレックススーパー天文台は、ロレックスパラクロムブルーシルクの強力な性能を証明しています。このような多数の生産テーブルでは、ロレックスに加えて、誰もそのような高い移動時間標準を持たない(フルライン生産テーブルを参照)。パラクロムブルーシルクは「完璧な」ヘアスプリングと言えます。

今日の市場でのクロノグラフムーブメントが最も強いと言うには?

今日の市場でのクロノグラフムーブメントが最も強いと言うには? Zenith EL PRIMEROムーブメントは、最初のものに絶対に値します。さて、エル・プリメロクロノグラフムーブメントの50周年にあたり、この高精度ムーブメントの伝説的な歴史を振り返ってみましょう…

    実際、テーブルをプレイする友人はより明確であり、世界で最初のクロノグラフムーブメントについて多くの論争があります。さまざまな意見がありますが、このエル・プリメロは、世界で初めて統合された高周波で正確な世界での動きです。

    1960年代後半、スイスでは、時計職人のグループが世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントの開発に懸命に取り組んでいました。 EL PrimeroのZenithの秘密の開発に加えて、ETAは7750の探索を開始し、Lemaniaは1340のムーブメントの開発を開始し、日本のセイコーも準備を進めています。目に見えない競争モデルを形成し、誰もが1969年のバーゼル時計会議で世界初の自動クロノグラフムーブメントを発表する予定です。

    他のブランドはELプリメロの前に同様のクロノグラフムーブメントを導入していますが、それらのムーブメントは真に統合されたムーブメントではありません。要するに、完全に直接生産されていないいくつかの別個の部品技術の組み合わせです。

    ゼニスが製造するELプリメーロムーブメントは自己完結型の統合ムーブメントであり、1969年1月に時計製造チームが開始するのに数年かかりました。クロノグラフムーブメント。

ゼニスは2333の精密タイミング賞を受賞しました
次の独自の機能があります。
    1. EL Primeroの直径は13.5 mm、高さはわずか6.5 mmです。そして初めて、硫酸モリブデンがムーブメントの潤滑剤として使用され、ムーブメントの精度が向上します。潤滑剤については、Zenithを愛する時計の友人も非常に明確で、Zenithで使用されているムーブメント潤滑剤は常にユニークです。

    2.その振動周波数は1時間あたり36,000振動、つまり5Hzに達することができ、その精度は最大1/10秒です。 1960年代後半のほとんどの動きは、1時間あたり21600以下の振動しか達成していなかったため、これは当時は見られませんでした。 EL Primeroムーブメントは高い振動周波数を維持できますが、パワーリザーブは48時間を超える可能性がありますが、当時は驚くべきことではありませんでした。パイオニア。」

    3.ムーブメントの振動錘は、ムーブメントの中心に取り付けられ(つまり、ミニチュア振動錘ではなく)、巻き取りのために自動的に巻かれます。振動錘の外縁はタングステンカーバイドで作られており、比重が大きいため、着用者の前腕のわずかな動きでも「捕捉」してバネにエネルギーを提供できます。他のクロノグラフムーブメント、ゲージコラムホイールコントロールの使用とは異なり、このメカニズムは製造コストが高く、効果も同様に重要です。

    Zen PrimeがEL Primeroに基づいて開発を続けることができるのは、多くの利点があるためです。これまでに、伝説のエルプリメロは23種類のムーブメントモデルを発表し、高級時計製造の世界で記録を樹立しました。

オーデマピゲの歴史に新たな章を開くことを目的とした新しいオーデマピゲCODE 11.59シリーズを発表しました

2019年のジュネーブ高級時計で、スイスの高級時計ブランドであるオーデマピゲは、オーデマピゲの歴史に新たな章を開くことを目的とした新しいオーデマピゲCODE 11.59シリーズを発表しました。誰もが新しいシリーズに注意を向けると、オーデマピゲの「ヘッドオブザヘッド」ロイヤルオークシリーズも無視できません。ロイヤルオークシリーズは、新しいモデルを導入し、ダイヤルを調整しました。この新しいロイヤルオークウォッチ15500ST.OO.1220ST.01を見てみましょう。

この新しいロイヤルオークウォッチは、クラシックな形状に適合しています。直径41 mmの非常に認識しやすい八角形のケースで、防眩サファイアクリスタルと時計を備えたステンレス鋼製です。青い文字盤には、クラシックな「Grande Tapisserie」チェック柄が付いています。

この新しいロイヤルオークウォッチは、日付表示ウィンドウで詳細に調整され、文字盤の中心から離れ、時間目盛の幅が大きくなり、分目盛りは文字盤チェックに印刷されなくなりましたが、サテンに置き換えられましたダイヤルは外側のリングにあります。このような微妙な調整の後、ダイヤルはよりリラックスして見え、良好な視覚的感覚を持ちます。

時計の3時位置にはカレンダー表示ウィンドウがあり、12時位置にはオーデマピゲのロゴがあります。プラチナの3次元時間マーカーとロイヤルオークポインターには蛍光コーティングが施されており、夜間の読み取りがクリアになります。時計の王冠は六角形のねじ込み式で、王冠にはオーデマピゲのロゴ「AP」のタイトルが刻まれています。

新しいロイヤルオークウォッチは、APフォールディングクラスプ付きのステンレススチールストラップで補完されます。オーデマピゲが開発したキャリバー4302の自動巻きムーブメントは、4 Hzの高い振動周波数と最大70時間のパワーリザーブを備えています。時計の底面には、防眩サファイアクリスタルのケースバックが装備されています。

この新しいオーデマピゲロイヤルオークの時計は、コレクションの古典的な気質と美学を継承しています。細部の微妙な変更により、時計はより雰囲気のあるシックなものになります。ダイヤルの変更により、より明確でシンプルになり、全身の素材がこの時計の気質をより寒く、しっかりさせます。

パネライルミノール 1950 ラトラパンテ 8デイズ チタニオ PAM00530

ムーブメント 手巻き(パネライ自社製キャリバー P.2006/3)
ケース素材 サテンチタン
ベルト ラバーストラップ
防水 10気圧(100m)
サイズ 47mm

オフィチーネ パネライから、新作「ルミノール 1950 ラトラパンテ エイトデイズ チタニオ」が登場します。このモデルは、パネライならではのクラシックなデザインと、クオリティの高いスポーツウォッチの技術仕様が完璧に調和する洗練された高級時計です。「ルミノール 1950 ラトラパンテ エイトデイズ チタニオ」は垂直クラッチとダブルコラムホイールを備えるスプリットセコンド・クロノグラフであり、オフィチーネ パネライがヌーシャテルのマニュファクチュールで一貫して開発・製造したP.2006ムーブメントを搭載。最先端の機械式時計にふさわしい数々の機能を提供します。「ラトラパンテ」とも呼ばれるスプリットセコンド機能は重なり合う2本の針を持ち、それぞれを独立して停止させることが可能です。片方のクロノグラフ針は8時位置のボタンで完全に制御され、スタート、ストップ、リセットを実行できます。もう一方は10時位置のボタンで操作し、中間タイムや同時にスタートした第二の計時に使用されます。容易で確実な読み取りを実現するために、小型の分カウンターの針は滑らかに動くのではなく、ジャンプして移動します。

P.2006手巻きムーブメントは、パネライウォッチの伝統に即して8日間という長期にわたるパワーリザーブを発揮します。これは、特許を取得した特別な3バレル機構により達成されました。パワーリザーブの残り時間は、文字盤の数字「6」の上にあるリニア インジケーターで確認できます。P.2006ムーブメントはゼロリセット機能を備え、時刻を時報に一致させることが可能です。リュウズが作動ポジションに戻るまでテンプを停止させ、秒針をゼロ位置に戻す仕組みです。

「ルミノール 1950 ラトラパンテ エイトデイズ チタニオ」の直径47mmのサテンチタン製ケースは伝統的なレバー機構により密閉されており、リュウズは10気圧(水深100メートル)の水圧に耐えることができます。12角形の裏蓋の中央に取り付けられたサファイアクリスタル製シースルーウィンドウからは、P.2006の入念な仕上げを観賞することができます。また、ポリッシュチタン製のべゼルが究極のシンプルさとスポーティなエレガンスを湛える大型のブラックダイヤルを取り囲んでいます。文字盤は、スーパールミノーバ®を塗布したプレートを間に挟む二層のサンドイッチ構造です。パネライ独自のこの構造は、水中などの暗い環境でも優れた視認性と可視性を確保するために1930年代に開発されました。新作「ルミノール 1950 ラトラパンテ エイトデイズ チタニオ」には、ラバーストラップが付いています。このタイムピースは、オフィチーネ パネライのスペシャリティーズ コレクションに所属しています。

PANERAI ルミノールベースロゴ3デイズ アッチャイオ 腕時計

タイプ:アナログ腕時計
カラー:グレー
サイズ:ワンサイズ
製造国:イタリア
素 材:ポリッシュスティール、キャンパスストラップ

♪シンプルな作りで、蛍光塗料が施されていて、暗い場所でも時間を確認することができ、普段使いに実用的なものです。
♪時刻調整時の精度を高めるため、リュウズを引き出すとテンプを停止させる装置が付属しています。

シャネルのハイジュエリー「ル パリ リュス ドゥ シャネル」ロシアから着想、ダイヤモンドの双頭の鷲

シャネル(CHANEL)は、ハイジュエリー コレクション「ル パリ リュス ドゥ シャネル」を発表。

“ロシア”がテーマのハイジュエリー
「AIGLE PROTECTEUR」イヤリング
「ル パリ リュス ドゥ シャネル」は、ガブリエル シャネルの憧れの国であり、クチュリエとしての人生に影響を与えた“ロシア”をテーマにした、69点から成るハイジュエリーのコレクション。

ガブリエル シャネルの憧れの国、ロシア
「MEDAILLE SOLAIRE」ブレスレット
ロシア宮廷の調香師を務め、後にシャネルの初代専属調香師となった、エルネスト ボーをはじめ、ロシア皇帝ニコライ2世の従弟のディミトリ パヴロヴィチ大公、ストラヴィンスキー、ディアギレフ、そしてバレエ リュスのダンサー達。

「BLE MARIA」ブローチ
ガブリエル シャネルは、ロシア革命を逃れた貴族や無数のアーティストたちと出会い、ロシアのムードを帯びたクリエーションを発表してきたものの、自身は一度もロシアに行くことはなく、夢見る想像の国であり続けた。

民族調の模様から勲章モチーフまで
「FOLKLORE」リング
「ル パリ リュス ドゥ シャネル」は、そんなガブリエル シャネルのロシアへの思いの強さを投影したようなデザインが特徴的。民族調の柄を取り入れ、ブルーサファイア、ピンクサファイア、マンダリンガーネットなどカラフルなストーンをあしらって仕上げた「FOLKLORE」のブレスレットやリング、可憐な花々やみずみずしい植物の色彩を思わせるネックレスやブローチを揃える「BLE MARIA」、ホワイトゴールドやダイヤモンドを使い、きらびやかな勲章を彷彿させる「MEDAILLE SOLAIRE」などのジュエリーを揃える。

アイコニックな“双頭の鷲”
「AIGLE CAMBON」リング
中でも象徴的なのが、「AIGLE CAMBON」。カンボン通りの、ガブリエル シャネルのアパルトマンに飾られた、“双頭の鷲”が彫刻された額入りのミラーから着想を得たデザインが採用されている。 “双頭の鷲”は、ミラーのフォルムと同じ八角形やカメリアモチーフと一体となり、プラチナやダイヤモンドで作られたリング、ネックレスを堂々と飾っている。

繊細な職人技
また、職人技の光る繊細で精巧な作りにも注目。エキゾチックな模様を落とし込んだ「SARAFANE」のネックレスやリングは、複雑な模様のホワイトゴールドに、職人が1つ1つ手作業でパールやダイヤモンドをはめ込んでいく。その細やかな作業によって、より一層華やかな輝きを増す仕上がりが実現している。

時計はファッション生活のあらゆる瞬間を記録し、時間を記録するのに欠かせない仕上げです。

恐怖の後、すべてのものが回復し、そして春が本当に来るでしょう。緑はゆっくりと冬の曇りに消えていき、生命のエネルギーが飛び出しました。そして枝や草から発芽している芽が最初に外に出て自然の中に入っていくように人々を魅了しました。 3月は春にぴったりの時期で、アウトドアスポーツが眠りの活力を呼び起こし、ファッションドレスで新年のトレンドパーソナリティを開きます。時計はファッション生活のあらゆる瞬間を記録し、時間を記録するのに欠かせない仕上げです。

USコマンダーシリーズM021.626.11.061.00
ウォッチ直径:42 mm
ケース厚:11.97 mm
移動タイプ:自動機械
動作モデル:キャリバー80
ケース材質:ステンレス
防水深さ:50メートル
Mido Commanderシリーズは、大胆に男性の力を明らかにするタフなデザインラインを持っています。コマンダーシリーズは、有名なエッフェル塔からインスピレーションを得ており、立体的なダイヤルアワーマーカーと幾何学的形状は、この有名な建物の鉄骨構造のようなもので、産業的な雰囲気とボーイフレンドのバーストでいっぱいです。時計のブレスレットは、時計のタフなスタイルを反映するように磨かれ、磨かれています。 Midoが開発した新しいデュアルウィンドウ大型カレンダー機能とより統合された、非常に代表的なアウトドアスポーツウォッチシリーズです。

ミドパイロットシリーズM026.430.36.091.00
ウォッチの直径:42.50 mm
ケース厚:11.75 mm
移動タイプ:自動機械
動作モデル:キャリバー80
ケース材質:ステンレススチールケースPVDコーティング
防水深さ:200メートル
春は雨や露の季節ですまだ防水性能に優れた時計を着用すると、突然の雨の攻撃を完全に恐れています。 US Pilotsの腕時計は優れた耐水性で知られており、200メートルの耐水性の深さは大雨の中でも完全に恐れがありません。さらに、2018年に発売されたばかりのMido Pioneerウォッチには、ヴィンテージグリーンのダイヤルが施され、ファッションにあふれ、パティナブラッシュドレザーストラップが装備されています。前の段落と比較して、Pilotsシリーズは目盛りと手のより大きい発光面積で、より印象的な発光デザインをしています。一方向回転ベゼルは時計に少しの面白さを加え、地面までカウントダウンすることができます。

ミドヘルムスマンシリーズM038.431.37.051.09
ウォッチ直径:42 mm
ケース厚:11.79 mm
移動タイプ:自動機械
動作モデル:キャリバー80
ケースの材質:PVDブラックメッキステンレススチール
防水深さ:100メートル
ファッショナブルにするために、どうやって光と影の効果を持つ美しいhelmsmanシリーズの腕時計、Genevaストライプダイヤルを手に入れることができ、動的な視覚美を作成します。新しいラダーウォッチケースは、クールなランニングボーイのようなPVDで黒メッキされており、強い勇気と勇気を示しています。ポインターと目盛りはベージュの発光コーティングで塗りつぶされています鮮やかな色は触れるとファッショナブルな個性と衝突し、黒いラバーストラップの表面上のファブリックストラップもベージュであり、それは黒のステッチと一致しています。この時計は、ブラックのファブリックストラップでも販売されており、カジュアルウェアやアウトドアウェアのファッションツールとして使用できます。

これら3つの時計は、独特で魅力的な外観を持つだけでなく、劣っているわけでもありません。コマンダーの時計には、大型カレンダー機能を独自に開発したキャリバー80の全自動機械式ムーブメントが装備され、パイロットの時計にはダブルカレンダーディスプレイのキャリバー80のフルオートマチック機械式ムーブメントが装備されています。天文台によって認定されたキャリバー80シリコンスプリング自動機械式ムーブメントは、外観よりもさらにきれいです。

オリス アクイス デイト レリーフ 733 7730 4153-07 07 4 24 66EB

Ref:733 7730 4153-07 07 4 24 66EB
ケース径:43.5mm
ケース素材:マルチピース ステンレススティール
防水性:30bar / 300m
ストラップ:レッドラバー、ステンレススティール製フォールディングクラスプ
ムーブメント:自動巻き、Cal. Oris733(SW200-1ベース)、38時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、26石
仕様:時・分・秒、6時位置にデイト表示、クイック日付設定、日付修正、ファインタイムチューニング、ストップセコンド針

 2019年6月20日(木)から7月31日(水)の期間、オリスブティック及び全国のオリス正規販売店にて、オリスの高性能ダイバーズウォッチコレクション「アクイス」全商品を対象に、「オリス アクイスフェア」が開催されます。

 アクイス最新作や限定品、人気モデルも対象です。

 アクイスをお買い上げの方に、オリス オリジナルエコバッグ(非売品)を差し上げます。また、店頭でWEBを見たとお申し出の方にもオリジナルノベルティ(非売品)をご用意しております。海やアウトドアなどアクティブな夏に活躍するダイバーズウォッチをぜひこの機会に見つけてください。

  300m防水機能を持ちスイス製ムーブメントを搭載した高性能ダイバーズウォッチコレクションです。プロのダイバー向けハイスペックなモデルから、スタイリッシュな実用的モデルまで、カラーやサイズのバリエーションも豊富なため、オリスの中でも最も人気の高いコレクションの一つです。

パルミジャーニ・フルリエ カルパ カリテフルリエ PFC194-1601400-HA1441

パルミジャーニ・フルリエ カルパ カリテフルリエ PFC194-1601400-HA1441

Ref.:PFC194-1601400-HA1441
ムーブメント:自動巻き、Cal.PF442、60時間パワーリザーブ、毎時28,800振動(4Hz)、29石
仕様:時、分、センターセコンド、日付、トレスギョーシェ、ケースバックにシリアルナンバーと「QUALITE FLEURIER」の刻印
ケースサイズ:42.3×32.1mm
ケース厚:10.1mm
ケース素材:18K レッドゴールド
防水性:30m
ストラップ:ブラックアリゲーター(エルメス社)、18K レッドゴールドのアルディヨンバックル

  2018年は、初代カルパの原点となったモデルを駆動した、最初の変形ムーブメントが誕生してから20 年となり、アイコニックなトノー型ファミリーが主役となる年。100%自社製の複雑機構を搭載し、ケースのラインとぴったりと合う、トノー型ムーブメントを組み込んだカルパの新世代が誕生しました。この「トノーに内包するトノー」は、時計の中に完璧な整合性、すなわちムーブメントとケース、隠れているものと見えるものとの調和を追求するミシェル・パルミジャーニの意志を示すものです。

「傑作とされる昔の時計をよく見ると、ムーブメントとケースとの間に調和の取れていないところがひとつもないことにお気づきになるでしょう。トノー型のケースの中にラウンド型のムーブメントが収められていることはありません。古きよき時代の時計製造においては、さまざまな部品が同時に製造されていたため、このふたつのフォルムは自ずと調和するものでした。どのケースも、中に収める部品を考慮しながら製造されていました。修復師であれば、全体の形を決めるのはムーブメントであり、デザインにおけるこの調和こそが時代を超越する秀逸性の鍵となるということがすぐに理解できるはずです。」 

グラハム クロノファイター グランドヴィンテージ 2CVDS.S02A

グラハム クロノファイター グランドヴィンテージ 2CVDS.S02A

Ref:2CVDS.S02A、2CVDS.B25A、2CVDS.C02A、2CVDS.U09A
ケース径:47mm
ケース素材:SS
防水性:10気圧
ストラップ:ラバーあるいはカーフ+Dバックル
ムーブメント:自動巻、Cal.G1747、48時間パワーリザーブ、28石、毎時28,800振動
仕様:時・分・秒表示、スモールセコンド、日付表示、クロノグラフ(30分積算計)、サンブラッシュ&グラデーション仕上げダイアル

  2001年に発表された「クロノファイター」は、巨大なトリガーが特徴。画期的なデザインはセンセーショナルで一躍グラハムの名前を知らしめました。2016年には15 周年を記念して「クロノファイターヴィンテージ」が登場。そして2018年待望の新作「クロノファイター グランドヴィンテージ」はケースサイズが既存モデルより3ミリ大きい47mmとなり存在感が増し視認性も高まりました。サンブラッシュ仕上げのダイアル、サテンポリッシュされたケース、さらにダイアルカラーに調和したメッシュに編み込まれたラバーストラップがこの時計のヴィンテージな雰囲気をよりいっそう際立たせています。

  それは、万人が憧れる近代的な高級車ではなく、特別な感覚をもつ者だけが魅力を理解できるクラッシックカーの風合いに似ています。まさに自分の価値観を持った方に選ばれ、長く愛用される時計と言えます。

ティソ ヘリテージ バナナ T117.509.16.042.00

ティソ ヘリテージ バナナ T117.509.16.042.00

Ref.:T117.509.16.042.00、T117.509.16.012.00
ケースサイズ:H49mm×W27mm
ケース素材:316Lステンレススチール
ストラップ:カーフレザー、バタフライクラスプ
防水性:3気圧(30m/100ft)
ムーブメント:クォーツ
仕様:ミネラルクリスタルガラス風防

「バナナ・ウォッチ」のタイムレスなスタイルは、カラーリングによって様々な表情を見せ、着用者の個性を載せて無限なる広がりを楽しんでいただけます。 
  2018年は、日本だけで入手可能なスペシャルモデルとして、Tissot Heritage Banana[ティソ ヘリテージ バナナ]に、艶やかな質感が美しいホワイトモデルとモダンなネイビーモデルの2型が登場し、「バナナ・ウォッチ」の美学が更なる拡張を果たします。 
 ベーシックなカラーリングが着用者の個性と融合するホワイトモデルは、ノーブルな純白が印象的なインデックスを引き立て、エナメル調の美しい艶感が色気を纏います。ストラップまで同色でまとめられたネイビーモデルは、ケースとインデックスのシルバーカラーと相まり、シャープな知的さを印象づけるアイテムに仕上げられました。

ジャケ・ドロー グラン・セコンド ムーン アベンチュリン J007510270

ジャケ・ドロー グラン・セコンド ムーン アベンチュリン J007510270

Ref.:J007510270
ケース径:39mm
ケース素材:約172個(1.16カラット)のダイヤモンドを施したステンレススティール
ストラップ:アリゲーター
防水性:3気圧
ムーブメント:自動巻き、68時間パワーリザーブ
仕様:アベンチュリン文字盤、18Kホワイトゴールドメタルリング、アベンチュリンのムーンディスク、18Kホワイトゴールドの星と22Kホワイトゴールドの月の彫金細工

  今回初日本入荷した「グラン・セコンド ムーン アベンチュリン」を初めとする、冬の夜空の星を連想させるアベンチュリン素材を文字盤に採用したコレクションを集め、ブランドが誕生したスイス、ラ・ショー・ド・フォンのホワイトクリスマスを感じていただけるような店内装飾を期間中ご覧いただくことができます。コレクションの中には、ブランド初の直径25mmケースを採用した話題のレディースモデル「レディ 8 プティ アベンチュリン」、超複雑機構トゥールビヨンをブランドを象徴するモデル「グラン・セコンド」に搭載した世界限定28本「グラン・セコンド トゥールビヨン アベンチュリン」、レトログラード式のディスクが文字盤上に配置された月細工の上を動き、独特な月齢表示をする夜空を再現した「エクリプス アベンチュリン」、直径35mmケースの「プティ・ウール ミニット アベンチュリン」は、12時位置に時分表示を配置したことにより生じた余白にアベンチュリンの輝きとケースに施されたダイヤモンドがより輝きを増したモデルなどが展示される予定です。

モンブラン ヘリテイジ コレクション パルソグラフ リミテッドエディション 100 119914

モンブラン ヘリテイジ コレクション パルソグラフ
リミテッドエディション 100 119914

Ref:119914
ケース径:40.00mm
ケース厚:12.65mm
ケース素材:SS(ポリッシ仕上げ)
防水性:5気圧(50m)
ストラップ:グレースフマートアリゲーター(フィレンツェのモンブラン自社レザー工房「プレテリア」製)
ムーブメント:手巻き、Cal.MB M13.21、毎時18,000振動、約55時間パワーリザーブ、22石
仕様:モノプッシャークロノグラフ、センターの時・分、9時位置のスモールセコンド、センターのクロノグラフ積算秒針、3時位置のクロノグラフ30分積算計、脈拍30回で計測するパルソメータースケール
限定:世界限定100本

 モンブラン ヘリテイジ GMTは、カーブを描くホーンとドーム型サファイアクリスタルを取り付けたポリッシュ仕上げのステンレルスティールケースの裏蓋にミネルバ工房をエングレーブしています。このモデルは、シルバーホワイトダイヤル×グレースフマートアリゲーターストラップ、シルバーホワイトダイヤル×ミラネーゼストラップ、そしてサーモンカラーダイヤル×グレースフマートアリゲーターストラップの3種がラインナップされています。アリゲーターストラップは、フィレンツェのモンブラン自社レザー工房「プレテリア」で製作されたものです。各モデルは、ダイヤルカラーにマッチしたアップライドのアラビア数字とインデックスドット、そして針が装備されています。24時間表示のGMTコンプリケーションを持つキャリバーが搭載されています。

モンブラン ヘリテイジ コレクション オートマティック デイデイト

 ケース径39mmのこのモデルは、12時位置の扇形の窓に曜日、6時位置に日付を表示します。シンプルなメカニックに、カーブを描くホーンとドーム型サファイアクリスタルという、このコレクションのアイコニックなデザインがより映える仕上がりとなっています。

モンブラン ヘリテイジ コレクション オートマティック

 ケース径40mmのこのモデルは、モンブラン ヘリテイジ コレクションの中で最もシンプルでエッセンシャルなものとなっており、シルバーホワイトダイヤル×グレースフマートアリゲーターストラップ、シルバーホワイトダイヤル×ミラネーゼストラップ、サーモンダイヤル×グレースフマートアリゲーターストラップ、さらに、ラグジュアリーなレッドゴールドケース(シャンパンダイヤル×ブラウンスフマートアリゲーターストラップ)の4タイプが用意されています。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ CAR5A8K.FT6172

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ CAR5A8K.FT6172 

Ref.:CAR5A8K.FT6172 
ケース径:45mm
ケース素材:ブラックPVDチタン製
ストラップ:ブラックカーフスキンレザーとラバー、ブラックPVD加工のチタン製フォールディングクラスプ付カーボンバックル
防水性:100m(10気圧)
ムーブメント:自動巻(クロノメーター認定)、Cal.ホイヤー 02T、トゥールビヨン・クロノグラフ(マニュファクチュール ムーブメント)、33石、毎時28,000振動(4Hz)、約65時間パワーリザーブ
仕様:クロノグラフの時、分カウンター、トゥールビヨン、時、分、秒、タキメータースケール付カーボン製ベゼル、反射防止加工の両面サファイアクリスタル、ヘキサゴンパターンを施したブラックのオープンダイヤル、60秒スケール付きブラックフランジ、ヘキサゴンパターン、ウォッチワインダー内蔵の特製ケース入り

「機械式時計の性能と精度の向上という大志を掲げ、この世界初の開発に何年も要しました。タグ・ホイヤーの研究所が生み出した数々の革新は、いわば階段のようなもの。革新のたびに次の革新へと上っていくのです。カーボンコンポジット製ヒゲゼンマイは、自社における、まだ開発中のプロセスの向上へと導く第一歩です」


 ヒゲゼンマイに用いられた初のカーボンコンポジット構造と、この構造が収められている印象的なカレラ キャリバー ホイヤー 02T トゥールビヨン ナノグラフは、名高いこの時計ブランドが生み出した革新という軌跡の中の代表的な存在となりました。アヴァンギャルドな時計製造というレガシーに導かれ、タグ・ホイヤーは機械式時計製造における比類なき精度へとつながる、一歩先を行く発明を実現するという、ひとつの新しい時代へと突入したのです。

ローラン・フェリエ ガレ アニュアルカレンダー スクールピース ブルー LCF025-AC

ローラン・フェリエ ガレ アニュアルカレンダー スクールピース ブルー LCF025-AC

Ref.:LCF025-AC
ケース素材:SS
ケース径:40.0mm
ケース厚:12.8mm
ストラップ:ブルーカラーアリゲーター(裏地:アルカンターラ)、ピンバックル 
防水性:30m
ムーブメント:手巻き、Cal.LF126.01(自社製)、80時間パワーリザーブ、23石、毎時21,600振動(3Hz)
仕様:時、分、秒、6時位置にスモールセコンド、アニュアルカレンダー、ガルバニックブルー(サテン仕上げ) 文字盤

CREATIVELY CLASSIC (往年の機械式時計からインスピレーションを得て、現代の最新技術でマスターピースを制作)を実践するローラン・フェリエがリリースした、ガレ アニュアルカレンダーは、2018GPHG (ジュネーブ時計グランプリ)のメンズコンプリケーション部門でGPHG を受賞したタイムピースです。

 新製品『ガレ アニュアルカレンダー スクールピースブルー』は、そのバリエーションモデルで、時計の顔ともいえるダイアルに新作はガルバニックブルー(サテン仕上げ)を採用いたしました。ケース素材はSS製または18K レッドゴールドの2種類が用意されています。

 “シンプルで正確で整然とした美”という価値観をもつ時計作りを追い求めるローラン・フェリエ。GPHG を受賞した「アニュアルカレンダー」は、クラシックデザイン、最高品質、限定生産というGPHG の3つの条件を満たし、ローラン・フェリエのタイムピースが世界中の時計愛好家やコレクターに愛されていることの証といえます。

ロレックス オイスターパーペチュアル 1018 元祖ハンサム時計がモデルであるゆえのコーディネートの楽しさ

ロレックス オイスターパーペチュアル 1018 元祖ハンサム時計がモデルであるゆえのコーディネートの楽しさ

さて、今回の「時紡ぎ」は前回より引き続き、隠れエクスプローラー1(1018)です。

DSC05715

エクスプローラー1とほぼ同じサイズであり、使われているムーブメントも同じであることから次から次へとエクスプローラー1化されてしまっている悲運のヴィンテージですが、本家の1016とは少し異なった雰囲気があり、これまた新鮮です。

DSC_0681

着けてみるとわかるのですが、やはり若干スリム。 時計ケース本体の厚みが約1.5mm薄くなりますから、ペタリと腕に載るイメージです。

少し平べったい感触なんですよね。 むしろ本家よりも薄い分、着用感は良いと思えます。

なおさらジュビリーブレスが映えるなあと感じるのです。

DSC05711

もちろん、このように通常の3連巻きブレスレットを装着してもバッチリ決まります。

本来のエクスプローラーですね。

パネライ ルミノール・ベース PAM00002 本格的な高級時計でありながらも、すこし遊びを感じる

パネライ ルミノール・ベース PAM00002 本格的な高級時計でありながらも、すこし遊びを感じる

さて、今回の「時紡ぎ」は前回に引き続き、パネライ ルミノール・ベース PAM00002です!!

DCIM0203

パネライ創生期のモデルであり、パネライのアイコンをそのまま表現したかのような時計です。

クオリティー的には現行品と比べるとやはり劣る部分が多いですが、それでも元々のパネライのカラーを表したモデルとしてある意味、現行のどのモデルよりも貴重であるような気がします。

IMGP3487 (1)

パネライのアイデンティティーの1つとも言えるリューズガード、このリューズロックを見ただけでファッション時計でありながら道具時計感も伝わってきます。

IMGP3465

ケースサイドの鏡面への映り込みを見ると、やっぱりロレックスやブライトリングと比べると若干クリアーさに欠けるような気がしますね。

でも、このリューズガードが時計ケース全体を硬派に引き締めるので、あまり気にはなりません。

IMGP3476

リューズロックをこのように開くと、リューズを押し込むように締め込んでいたロックが解除され、リューズを回すことができます。

回した感触は「ふわっ」とした心地よい感触。 ヴィンテージでよく感じる感触です。

f95ad4be933552e8eed18a9d668b194f_large

(ネット上より画像を拝借しています)

採用されているムーブメントはETA社のcal.6497、元々オーガスト・レイモンドというメーカーのムーブメント供給部である「ユニタス」が製造していたムーブメントです。

時計の半完成品(エボーシュ)を作る企業グループが創設された時にユニタスも参加し、それが最終的に現在のETA社となっています。

このcal.6497には、cal.6497-1というバージョンとcal.6497-2というバージョンがあります。

cal.6497-1はムーブメントの心臓部、テンプの輪っかであるテンワが回転するスピードが1分間に18000振動、cal.6497-2は21600振動となっています。

DCIM0205

パネライはハイビートのcal.6497-2を採用しています。 どうせなら、昔っぽくロービートのcal.6497-1を採用したら面白かったのでは・・・と思いますが。

シンプルで頑丈であり、イタリアンなパネライでも管理可能なムーブメントだと思います。

ただ、少し気になったのが、ムーブメントを構成しているパーツが大きいからか、「カチカチカチ・・・」と刻む音が結構大きく外に響くんですよね。 普通に部屋の中に二人でいると、相手にその音が伝わるほどです。

まあ、音は時計好きならば気にならない、むしろ嬉しいものですが、プラスチック風防ではなく、サファイアクリスタルの風防を採用してこれほどまでに外に響くって、時計ケースの機密性はどうなっているんだろう・・・と思ってしまいます。

IMGP3475

リューズは一段引き出して回すと長針を動かすことができます。 時刻調整ですね。

少し記憶が曖昧なのですが、ベースのETA6497-2にはハックが付いていませんから、このPAM00002にもハック機能が付いていなかったような気がします。

リューズガードが邪魔をして、リューズを引き出すのが少しやりにくいと思いましたが、そこから針を動かした感触は「すっ、すっ」と動く感じで特にストレスはありません。 ベースムーブメントがシンプルなので、引き出すときも妙なひっかかりなどなく、ストレスフリーです。