ロレックスがどんな新作を発表するかは本当に不明だが、我々が考えるいくつかの提案

本日からジュネーブで開催されるWatches & Wonders 2022でロレックス コピーが何を発表するかは、皆さんのご想像にお任せするが、だからといって我々が挑戦しないわけではない。馬鹿の一つ覚えかもしれないが、ちょっと夢を見るのは楽しいことだし、Photoshopのスキルを10年生レベル(それはいいすぎか)に保つこともできる。以下は、我々が見たいと思いつつも、ほぼ間違いなく見ることのできない3本の夢のロレックスたちだ。

1.ロレックス トゥールビヨン スーパーコピーミルガウス 116400-DZ

オリジナルのミルガウスはステンレススチール製ですが、ラベルノワールはこれにADLCコーティングでカラーをブラックに変更しました。時計のサイズは一切変更されていません。文字盤と針もオリジナルを使用していますが、文字盤については色が変更されロレックスの文字の下に”Label Noir”の文字が記載されています。また6時位置にはトゥールビヨンのための窓も開けられました。

2.希少6色★ロレックス 偽物 オイスター パーペチュアル 41mm 124300

ロレックスから初代オイスターの直系モデル、ノンデイトの『オイスターパーペチュア­ル』メンズ腕時計です。2020年にムーブメントに70時間のロングパワーリザーブの­「Cal.3230」を搭載しさらなる進化を遂げました。サイズのラインナップも一新­され、新たに41ミリのモデルが登場!精度をクロノメーター規格の倍に設定、ロレック­スが取得した14件もの特許技術が使われ、新パーツを90%以上採用、精度の核となる­脱進機や香箱も一新し、従来のロレックスムーブメントの約倍となる70時間のロングパ­ワーリザーブを誇ります

3.ロレックス スーパーコピー シードゥエラー ディープシー Dブルー 126660

2018年のバーゼルワールドで発表されたディープシーDブルーのニューモデル【126660】。
前モデルの116660と同様に装備される“リングロックシステム”は、中央のセンターリングを上側から厚み5mmのサファイアクリスタルガラス、下側からグレード5チタン合金製の裏蓋で挟み込み、3900mもの驚異的な防水性能を保証します。
文字盤のブルーカラーの範囲が広がったことや、ケースラグのデザインの変更やブレスレットの幅を広くしたことの他に搭載されるムーブメントが最新キャリバー3235に変更されたことが最大の特徴です。
脱進機自体を軽量化したクロナジーエスケープメントや、耐磁性や耐衝撃性に優れたブルーパラクロムヘアスプリングを搭載し、さらに香箱の壁の厚みをこれまでの半分にすることでパワーリザーブを48時間から70時間まで飛躍的に向上させています。

【関連記事】:bibicopy 知恵袋

「ロレックスがどんな新作を発表するかは本当に不明だが、我々が考えるいくつかの提案」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です